≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

術後の様子

顎骨と歯の切除手術を終えてから5週間と少し、
抜糸時の最後の指導では先週から遊びも食べ物も何も制限なくオッケーとのことですが、
まだ怖くて(?)ガムやトサカはあげられず、引っ張りっこもしていません…

というのも顎間接は残せてるとは言え、間違いなく噛み合わせがずれてるときがあるのが分かります

常に、ではないのですが
真っ直ぐな姿勢以外で口を動かすと短い歯ぎしりのような音が立ちます

間接残してもこの状態、顎間接からいってたらどうなっていたのやら…

でも、少しずつ前の状態に近づけたいので
本日術後初めて早朝ワッホイに行ってきました



始めはボールとか落としちゃうかな?と思ったけど
そんな心配もなくふつーにレトリーブ出来てました

口の中の写真、普段は撮りづらいけど
ワッホイの後のベロベロ状態ならと、色んな角度から撮ってみました

手術してない左側


手術した右側


あれ?何かがない?ってくらいで言わなければ分からない程度
ほぼ違和感ありません

正面ももっとベロベロすると歯がない右側に垂れる気配はあるものの
これくらいならまったく変わらず‼


ただやっぱり普段のヨダレは地味~に出やすいようで
よく右手の付け根下がカピカピしてるので
足洗ついでに水で少し洗ってあげた方が良さそうです

来週当たりガム解禁→引っ張りっこ解禁→トサカ解禁と徐々に様子見ながらやっていこうと思います

| 未分類 | 07:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大学病院病院卒業❗

7月13日、ポポの抜糸に行き、
切除した顎骨の病理検査の結果も聞いてきました。


以下検査結果より抜粋

摘出した腫瘍は、棘細胞性エナメル上皮腫(棘細胞性エプリス)と診断されます。
この腫瘍は良性であるものの浸潤性が強く、局所的には悪性病変として扱われる腫瘍です。
腫瘍は広範囲に骨組織内に浸潤していますが、
マージン部には腫瘍性の病変は認められず、
摘出状態は良好です。
今回の切除により予後は良好である可能性が高いと考えられますが、
局所再発率の高い腫瘍であることから、
経過観察をお勧めします。

切断面には病変なし、予後良好

四角くカットは賭けだったけど良かった~

今回の出来事、大学病院の予約を取るのに時間がかかったり
ヤキモキしたけど、流れ的には何かに導かれてるような感じでした。

大学病院の日程が幼稚園の行事をすり抜けて
色々キャンセルしなきゃと思案したのに
見事なタイミングで全部クリア

こちらとしては一刻も早く手術して貰いたかったけど
病理検査の結果もこの通り、この状況では一番いい結果❗

相談に乗ってくれた友達や通院時に孫の面倒みてくれたばあばに感謝

あと2週間は食事制限(柔らかいもののみ)、オモチャ禁止は付くものの
再発の兆しがない限りこの後の診察はなし、と無事に卒業を言い渡されました

両膝と今回の手術で大学病院にお世話になるのはこれで3回。
3度目の正直で今度こそ大学病院とは疎遠になれますように


抜糸したらこの邪魔っけなの外してうまうまくれるっていったのにウソつき~
byポポ

エリカラはあと3日くらいだって~(君が傷口を掻かなければ…)

うまうまはもう少し我慢してね

| ポポのこと | 17:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いよいよ手術

今さっき術前の面会を終え手術に向かいました。


予定時間は4時間。
暇なのでついでにブログ更新

小さな腫れ発見から約2ヶ月。
軽い歯肉炎程度の腫れも5月14日の病理検査以降むくむく成長し
今やこんなに大きく…


それでも何とか顎間接から骨をカットしなくても良い可能性も残されているので
顎間接を残し、四角く顎をカットする術式を選びました。

これで骨切断面に悪い細胞が付着していなければ再発率5%、もしあったら再発率30%

ある意味賭けですが、ポポの年齢やその後に起こるベロが出たままによる皮膚炎や噛み合わせのズレなどを考慮すると
再発率だけに目を向けて顎間接の切除は選べませんでした

今の状態だと腫瘍の完治だけに目を向けると顎間接からを選択することでほぼ100%再発率を5%に出来るのですけどね

四角く切除の選択が間違いじゃなかったと祈るばかりです

頑張れポポ!!


そんなこと言わずに
2週間したらうまうまいっぱいあげるから頑張るのだ~


今さらですが…
もし細胞診でちょっと嫌な細胞見えるから病理検査しましょう、の段階で
可能性があるなら大学病院で病理受けさせたいと願い出てたら
あと3週間は早く手術してあげられたかも?と思うことがあります。
実際は町の獣医さんで対応できるかもしれない段階で
大学病院が受け入れるかわからないので考えても仕方ないことなんですが
病理が刺激になって一気に腫瘍が成長するとか初めての事だったので
知っていればこう動いたのに、とか色々考えちゃいます

命を預かるって難しいですね
いつも正しい判断ができてるとは限らない、
良かれと思っていることでさえ…

今は手術の成功、完全切除できてることを祈ることに専念します

| 未分類 | 15:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病理検査の結果

ポポの口内に出来た腫瘍らしきものの正体を知るべく
14日に全身麻酔で病理検査を受けてきました


(↑検査の日のではありませんがポポ自身は腫瘍気にするでもなくピンピンしとります

そして本日結果が出て先生の予想通り「歯原性腫瘍」

一応良性との診断結果ですがこのタイプは良性でも回りに広がりやすく
どんどん成長するらしい(>_<)

しかも外科手術をして腫瘍自体を取り除いても再発率がかなり高いとのこと。

病理検査受ける前から良性でも取り除く手術は必須とは言われてたから
検査結果は安心材料にはなってもこれから受ける手術の頭の悩ませどころが減ったわけではない

見えてる腫瘍を取り除く( 歯は3本くらい抜歯)だけなら掛かり付けのところで対応可能だけど
再発ゼロを目指せるほどの手術(それこそ顎の骨を削って深くまで取り除く手術)は不可能。

上尾の方に口腔治療を強みとしている病院があって
そこならその外科手術は可能らしいが、そこもあくまで一次医療の枠。

もし完全に再発を防ぎたいのであればその後の放射せん治療(毎回麻酔)を視野に入れ
大学病院行き。

再発しやすいものとは言え良性なのに放射せん治療はリスクが高いのでは?
副作用は?と質問したところ
分かりやすく言うと歯茎が溶けて骨が見えることもある、と恐ろしいことを

一時的なものなのか聞いたらずっとのこともある、と…

ただ再発の観点からだけ言うとした方が良い、それだけ質の悪いものらしい

再発の度に手術となるとポポの体力的にもこっちの金銭的にもメンタル的にもかなりの負担だけど
今の段階で放射せん治療まで確実にやる決断ができるかと言えば出来ない

今回は外科的なものだけにして
もし再発した場合は放射せん治療まで踏み切る方向になる気はするけど
その場合今回の手術から放射せん治療の可能な大学病院を選択した方がいいとのこと。

でも上尾の病院も捨てがたい

上尾の病院は土日もやってるからパパにも行って貰えて心強いし
子供とポポ両方を一人での負担も軽くなる…


まずは大学病院か上尾の病院か。
そして大学病院なら足の手術で2回もお世話になってる方が
そっちより近い主治医の出身大学の病院か

あー
悩む( TДT)

病理検査で歯茎削って刺激になったのか
少し患部が成長したから決断は早い方が良いのに
幼稚園のこととか足(運転)のこととか子連れでの行動とか
考えたらキリがなくて思考回路停止ぎみ…

動き出したら流れに任せるしかないんだけど
今が一番嫌な段階だ

| 未分類 | 13:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

てんかん騒動後日談

てんかん騒動後翌日は嘔吐もなかったけど
今朝方また嘔吐

ゴルフボールくらいの塊を吐いたから何かと思ったらパイナップルの皮

3日前にパパが切り分けていたときに
4分の1くらいのサイズで落としてしまい
それをポポがまんまと口にしたんだよね~


てんかん騒動は食べちゃった翌日でもしこれと同じものを吐いたのなら

喉につまらせるのもあり得る?


ますます謎に包まれる結果となりました

でもてんかんの気はする…
次起きてくれるな

| ポポのこと | 15:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりてんかんかな…

ご無沙汰してます(笑)

ニーナの誕生日記事も書かなきゃ書かなきゃと思いながら
今に至ってます。


今日は記録としてポポのことが先。

4年半前に起こした嘔吐のあとの呼吸困難
また起きました


結局てんかんか本当に嘔吐物をつまらせたのか判明しないまま4年半が経ち
今回もまったく同じ状況で判断つかず
やっぱり掃除機も登場しました。



一応診察には行ったものの血液検査でわかるとか言う類いのものでもないので
経過観察

てんかんの場合を想定してお守りに的に発作時に使う座薬を貰ってきたけど

診断事態は謎のまま


次起きたときはなかなか動揺して大変だろうけど動画が診断の決め手になるから
出来れば撮ってください、と

頑張って撮らなきゃ


てんかんじゃなく喉につまらせたのが原因なら見殺しになるんじゃないかの恐怖もあるけど

先生にYouTubeの発作時の動画を見せて貰ったところ確かに似てる部分はあるから
やっぱりてんかんかな

また4年開くならその時ポポは14歳、今と状況も違うから
さらに不安だ。


まあそのくらい間隔が開いたら例えてんかんでも予防の投薬なしみたいだけどね。


ポポの担当医の投薬ボーダーラインは3ヶ月に一回以上の場合らしい


とにかく今回も無事でよかった



前回と違うところ、人間無傷

失禁は発作が一段落してからっぽい、

ママは常に側にいたからか認識出来てたっぽいが
パパには直後吠えたり唸ったり( もちろん牙むく唸りじゃない警戒のうなり)

一応次回起きたときの参考までに

| ポポのこと | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

作品展

先週の土曜日2月6日、幼稚園での初めての作品展でした
幼稚園で園児が仕上げたものを発表するだけかと思ったら
お知らせには一点でも良いからご家庭で作ったものも、と

強制ではないけど、もし他の子が出してて
自分だけ出てないのもニーナが寂しがるかな?と思い
何とか2つ作りました♪


ニーナがマーブリングした布をカシメとボンドを使って小物入れに



ペットボトルの蓋と折り紙を使ってバレンタインチョコ(笑)






そして幼稚園で作った個人作品は
スノードームやキーホルダーやお財布



他にも




吊るしてあるのを撮ったから画像斜めってます(笑)



あとは絵画ですが…


なんじゃこりゃ~?
と驚くほどの出来の春の遠足…
それもそのはず、入園したての頃と
つい最近の絵を比べて成長を表していたのね

絵の出来はともかく
嬉しかったのは家族の絵にちゃんとポポも書かれたこと♪
黒ラブなのに赤で(爆)





おまけ



お友だち作品
ラーメン♪

造形教室でお兄ちゃんがやったのを真似て
お母さん、お兄ちゃん、Kくんでやったそうですが
こういう作品の発想がすばらしい!!
造形のセンスのない親だから
機会があったら行かせたいな、造形教室

| 未分類 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。