PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いよいよ手術

今さっき術前の面会を終え手術に向かいました。


予定時間は4時間。
暇なのでついでにブログ更新

小さな腫れ発見から約2ヶ月。
軽い歯肉炎程度の腫れも5月14日の病理検査以降むくむく成長し
今やこんなに大きく…


それでも何とか顎間接から骨をカットしなくても良い可能性も残されているので
顎間接を残し、四角く顎をカットする術式を選びました。

これで骨切断面に悪い細胞が付着していなければ再発率5%、もしあったら再発率30%

ある意味賭けですが、ポポの年齢やその後に起こるベロが出たままによる皮膚炎や噛み合わせのズレなどを考慮すると
再発率だけに目を向けて顎間接の切除は選べませんでした

今の状態だと腫瘍の完治だけに目を向けると顎間接からを選択することでほぼ100%再発率を5%に出来るのですけどね

四角く切除の選択が間違いじゃなかったと祈るばかりです

頑張れポポ!!


そんなこと言わずに
2週間したらうまうまいっぱいあげるから頑張るのだ~


今さらですが…
もし細胞診でちょっと嫌な細胞見えるから病理検査しましょう、の段階で
可能性があるなら大学病院で病理受けさせたいと願い出てたら
あと3週間は早く手術してあげられたかも?と思うことがあります。
実際は町の獣医さんで対応できるかもしれない段階で
大学病院が受け入れるかわからないので考えても仕方ないことなんですが
病理が刺激になって一気に腫瘍が成長するとか初めての事だったので
知っていればこう動いたのに、とか色々考えちゃいます

命を預かるって難しいですね
いつも正しい判断ができてるとは限らない、
良かれと思っていることでさえ…

今は手術の成功、完全切除できてることを祈ることに専念します

| 未分類 | 15:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病理検査の結果

ポポの口内に出来た腫瘍らしきものの正体を知るべく
14日に全身麻酔で病理検査を受けてきました


(↑検査の日のではありませんがポポ自身は腫瘍気にするでもなくピンピンしとります

そして本日結果が出て先生の予想通り「歯原性腫瘍」

一応良性との診断結果ですがこのタイプは良性でも回りに広がりやすく
どんどん成長するらしい(>_<)

しかも外科手術をして腫瘍自体を取り除いても再発率がかなり高いとのこと。

病理検査受ける前から良性でも取り除く手術は必須とは言われてたから
検査結果は安心材料にはなってもこれから受ける手術の頭の悩ませどころが減ったわけではない

見えてる腫瘍を取り除く( 歯は3本くらい抜歯)だけなら掛かり付けのところで対応可能だけど
再発ゼロを目指せるほどの手術(それこそ顎の骨を削って深くまで取り除く手術)は不可能。

上尾の方に口腔治療を強みとしている病院があって
そこならその外科手術は可能らしいが、そこもあくまで一次医療の枠。

もし完全に再発を防ぎたいのであればその後の放射せん治療(毎回麻酔)を視野に入れ
大学病院行き。

再発しやすいものとは言え良性なのに放射せん治療はリスクが高いのでは?
副作用は?と質問したところ
分かりやすく言うと歯茎が溶けて骨が見えることもある、と恐ろしいことを

一時的なものなのか聞いたらずっとのこともある、と…

ただ再発の観点からだけ言うとした方が良い、それだけ質の悪いものらしい

再発の度に手術となるとポポの体力的にもこっちの金銭的にもメンタル的にもかなりの負担だけど
今の段階で放射せん治療まで確実にやる決断ができるかと言えば出来ない

今回は外科的なものだけにして
もし再発した場合は放射せん治療まで踏み切る方向になる気はするけど
その場合今回の手術から放射せん治療の可能な大学病院を選択した方がいいとのこと。

でも上尾の病院も捨てがたい

上尾の病院は土日もやってるからパパにも行って貰えて心強いし
子供とポポ両方を一人での負担も軽くなる…


まずは大学病院か上尾の病院か。
そして大学病院なら足の手術で2回もお世話になってる方が
そっちより近い主治医の出身大学の病院か

あー
悩む( TДT)

病理検査で歯茎削って刺激になったのか
少し患部が成長したから決断は早い方が良いのに
幼稚園のこととか足(運転)のこととか子連れでの行動とか
考えたらキリがなくて思考回路停止ぎみ…

動き出したら流れに任せるしかないんだけど
今が一番嫌な段階だ

| 未分類 | 13:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

作品展

先週の土曜日2月6日、幼稚園での初めての作品展でした
幼稚園で園児が仕上げたものを発表するだけかと思ったら
お知らせには一点でも良いからご家庭で作ったものも、と

強制ではないけど、もし他の子が出してて
自分だけ出てないのもニーナが寂しがるかな?と思い
何とか2つ作りました♪


ニーナがマーブリングした布をカシメとボンドを使って小物入れに



ペットボトルの蓋と折り紙を使ってバレンタインチョコ(笑)






そして幼稚園で作った個人作品は
スノードームやキーホルダーやお財布



他にも




吊るしてあるのを撮ったから画像斜めってます(笑)



あとは絵画ですが…


なんじゃこりゃ~?
と驚くほどの出来の春の遠足…
それもそのはず、入園したての頃と
つい最近の絵を比べて成長を表していたのね

絵の出来はともかく
嬉しかったのは家族の絵にちゃんとポポも書かれたこと♪
黒ラブなのに赤で(爆)





おまけ



お友だち作品
ラーメン♪

造形教室でお兄ちゃんがやったのを真似て
お母さん、お兄ちゃん、Kくんでやったそうですが
こういう作品の発想がすばらしい!!
造形のセンスのない親だから
機会があったら行かせたいな、造形教室

| 未分類 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キドキド

昨日は滅多にない午前保育の日だったので

お昼を食べた後キドキドにGO











約3時間みっちり遊んで母ヘロヘロになりました(笑)


でもニーナもようちゃんも楽しんでくれたから報われた

≫ Read More

| 未分類 | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニットパンツ

久しぶりに洋裁ネタ

今年はまめな更新&どの型紙で作ったか後から記録を見られるように

洋裁ネタも載せていこうと思います。

ポケット部分リボンにしたけど

配色逆にした方が正解だったなぁ

リボンがあまり分からないや…

muniさんのフリーパターン

只今91cmのニーナが90cm着用

幅とかはぴったりなので

次回は数センチ丈を伸ばした方が良さそうです

| 未分類 | 12:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポポ復活♪

我が家の風邪ブームの締めくくりに(?)
風邪で辛そうなパパですが
昨日予定通りポポを大学病院に連れていってくれ
ワッホイが解禁となりました
もちろんいきなり前のようには無理なので徐々にですが
久しぶりにポポが楽しそうに走る姿を見られました

ニーナとようちゃんをパパにお任せし
さっそく大きな公園へ

わっほい解禁4

いいよ、いいよ~
でもまずその前にオモチャなしでママとおいかけっこでウォーミングアップ

そのあとボールをちょこっと

わっほい解禁3


しばし歩き散歩をして場所移動したところでもう数投

わっほい解禁2


怪我をしたのは昨年8月なのに、通院の関係で私の妊娠出産が終わるまでは手術もできず
いっぱいいっぱい我慢させちゃったね

でもこれでまたワッホイもスイスイも出来るよ

わっほい解禁1

| 未分類 | 12:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポポの手術

8月に靱帯断裂したポポの右足

手術なしでまた走れるかもの可能性もあったにもかかわらず
12月の私の再入院で再度断裂・・・

手術はその時点で決定したものの
手術日は私が産後動けるようになるまで延期

そして産後1カ月たった今やっと手術を決行できました

これは手術前の面会時のポポ

この後約5時間の手術を乗り越え
手術は成功に終わりました♪
前回と同じく犬友Mさんが長い手術時間に付き合ってくれたので
待ち時間も苦じゃなかった!!
いつもポポや私を気にかけてくれて感謝してもしきれません

術後の先生の説明によると
半月板はまた真っ二つに折れ、関節にはさまり
切れた靱帯に至っては溶けていたそうです

最初に断裂してから半年だもんね

長いこと待たせてごめんね。。。

2月13日に手術をし、18か19日に退院と言われていたので
16日にニーナとお見舞いに行きました

手術2
(↑ニーナ撮影)

そこで先生からビックリ発言

元気過ぎて大変だから早期退院しても良いですよ、とな

点滴のチューブを5、60cm食べた上
ケージ内では淋しくて大騒ぎ・・・

入院がストレスになっているようだから
自宅で安静管理出来るなら
今日連れて帰っても、と(笑)

退院自体はうれしいけどこの手術は術後が大事・・・
でもケージで大暴れしているくらいなら
目の届くところに置いておいた方が落ち着くかなと
腹をくくり連れて帰りました(笑)

手術3

日曜日にパパとふたりで設置したサークルが完成していてよかった

このデカサークルの為に前日だけ実家に泊まって
子供をばぁばに預けて通院って手段を取れず
実家に長期滞在になったのよね~

でも跳びつきが命取りになる術後リハビリ、
丸一ヶ月以上普通サイズケージ生活や
跳びあがれないくらい短いリードでの係留生活は
ポポには耐えられないから
引っ越し並みの大騒動になったとはいえ
今回もこのサークルで乗り切ります

淋しがり屋のポポの為にサークルヨコの狭いスペースで
ニーナと私とようちゃんで寝ています(爆)


実家にくる前に撮った埼玉でのひとこま

手術1

こんなさりげない日常に戻るまでまだまだかかるけど
また一緒に遊べるように頑張ろうね






| 未分類 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT