2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

病理検査の結果

ポポの口内に出来た腫瘍らしきものの正体を知るべく
14日に全身麻酔で病理検査を受けてきました


(↑検査の日のではありませんがポポ自身は腫瘍気にするでもなくピンピンしとります

そして本日結果が出て先生の予想通り「歯原性腫瘍」

一応良性との診断結果ですがこのタイプは良性でも回りに広がりやすく
どんどん成長するらしい(>_<)

しかも外科手術をして腫瘍自体を取り除いても再発率がかなり高いとのこと。

病理検査受ける前から良性でも取り除く手術は必須とは言われてたから
検査結果は安心材料にはなってもこれから受ける手術の頭の悩ませどころが減ったわけではない

見えてる腫瘍を取り除く( 歯は3本くらい抜歯)だけなら掛かり付けのところで対応可能だけど
再発ゼロを目指せるほどの手術(それこそ顎の骨を削って深くまで取り除く手術)は不可能。

上尾の方に口腔治療を強みとしている病院があって
そこならその外科手術は可能らしいが、そこもあくまで一次医療の枠。

もし完全に再発を防ぎたいのであればその後の放射せん治療(毎回麻酔)を視野に入れ
大学病院行き。

再発しやすいものとは言え良性なのに放射せん治療はリスクが高いのでは?
副作用は?と質問したところ
分かりやすく言うと歯茎が溶けて骨が見えることもある、と恐ろしいことを

一時的なものなのか聞いたらずっとのこともある、と…

ただ再発の観点からだけ言うとした方が良い、それだけ質の悪いものらしい

再発の度に手術となるとポポの体力的にもこっちの金銭的にもメンタル的にもかなりの負担だけど
今の段階で放射せん治療まで確実にやる決断ができるかと言えば出来ない

今回は外科的なものだけにして
もし再発した場合は放射せん治療まで踏み切る方向になる気はするけど
その場合今回の手術から放射せん治療の可能な大学病院を選択した方がいいとのこと。

でも上尾の病院も捨てがたい

上尾の病院は土日もやってるからパパにも行って貰えて心強いし
子供とポポ両方を一人での負担も軽くなる…


まずは大学病院か上尾の病院か。
そして大学病院なら足の手術で2回もお世話になってる方が
そっちより近い主治医の出身大学の病院か

あー
悩む( TДT)

病理検査で歯茎削って刺激になったのか
少し患部が成長したから決断は早い方が良いのに
幼稚園のこととか足(運転)のこととか子連れでの行動とか
考えたらキリがなくて思考回路停止ぎみ…

動き出したら流れに任せるしかないんだけど
今が一番嫌な段階だ
スポンサーサイト

| 未分類 | 13:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。